プレスリリース
2021.06.08
【LegalForce導入事例】 西武グループの建設部門を担う総合建設会社「西武建設株式会社」、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入
お客様・取引先からの信頼を第一に、契約は公平かつwin-winでありたい 建設業界の法務でのLegalForce活用方法

 

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、西武グループの建設部門を担う総合建設会社である西武建設株式会社に、弊社が提供するAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入いただきました。

△左から、西武建設株式会社 業務監理部 課長 山崎智久様、西武建設株式会社 業務監理部 次長 横尾威文様、西武建設株式会社 業務監理部 吉澤沙奈様

 

「LegalForce」導入の背景

・3名で年間約200件の契約書チェックを担当しているため、時間短縮を行いこなせる件数の増加を実現をしたい。

・法務が忙しく各部署が相談しづらい雰囲気となっているため、もっと気軽に相談してもらえるようにしたい。

 

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」導入の効果

・契約書審査の標準化・迅速化による、法務業務の更なる充実・発展に貢献。

・お客様・取引先からの信頼向上に繋がる契約書の提案を心がけるうえでの、法的サポート力が補強。

・LegalForceは法務経験が浅い方にとって「先生」の役割を果たしてくれるため、新人教育や法的リテラシーの向上にも展開。

 

「西武建設株式会社」会社概要

・会社名 :西武建設株式会社

・事業内容:

 1. 土木、建築およびその他建設工事全般に関する請負、受託

 2. 地域開発、都市開発事業および建設工事全般に関する企画、設計

 3. 各種建設プロジェクトに関するマネジメントおよびコンサルティング

 4. ゴルフ場、スキー場、遊園地その他スポーツ・レジャー施設の企画、設計、監理およびコンサルティング

 5. 各種住宅等の設計、監理、販売およびコンサルティング

 6. 地質・土壌、汚水排水、汚染物質等の調査、監理、浄化、除染およびコンサルティング

 7. 鉱物および石材類の採掘、採石、加工、販売

 8. 建設用資機材、機械装置、工作機器、車両等の設置、販売、補修、管理、賃貸

 9. 不動産の売買、仲介、賃貸およびコンサルティング

 10. 瓦礫,廃棄物等の収集,運搬,処理,再利用およびコンサルティングならびに一般廃棄物および産業廃棄物処理装置の販売

 11. 産業財産権、著作権、ノウハウ等の開発、取得、実施許諾および販売、取引

 12. 建築物、構築物、土木工作物等の診断、評価、監理、保全

 13. エネルギー等に関する分析、助言、監理および設備機器の設置、販売、賃貸

 14. 前各号に関連する一切の事業

・所在地 :(本社)埼玉県所沢市くすのき台1丁目11番地の1

・創業  :1941年

・社員数 :784人(2020年3月現在)

・資本金 :110億円

・代表者 :代表取締役社長 佐藤 誠

 

▽詳細についてはこちらから

導入事例URL 

 

▽お問い合わせはこちらから

https://legalforce-cloud.com/

 

 

関連記事