プレスリリース
2021.07.07
「及び並びに!LegalForce」弁護士役で岡田将生さん登場!
LegalForce 新CM7月7日(水)より放映開始

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、AI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、本日7月7日(水)より弁護士役の岡田将生さんが登場する新CM「いきなり裁判編」の放映を開始します。

LegalForceの初となるTVCMに、数々のテレビドラマや映画、CMで活躍し、実力派俳優として注目を集める岡田将生さんに弁護士役、鈴木浩介さんに企業の法務担当者役として出演いただきました。法務担当者の方が契約書レビューの際に感じている、契約書に潜むリスクを見落とす不安に、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」は寄り添い、解消に導きます。

法廷で法務部員が弁護士に詰め寄られる!?(CMストーリー)

オフィスで契約書をチェックする、鈴木浩介さん演じる法務部員。何度も見直して修正を行った契約書であるものの、自信なさげに上司に提出。すると突然、オフィスが裁判所に変わり、被告席に立たされる法務部員。そこに現れた岡田さん演じる弁護士に「それで、いいんですか?」と詰め寄られてたじろぎ、思わず本音が漏れ出します。

岡田さんと鈴木さんが法廷で見つめ合う緊張感あふれる演技にご注目ください。

▽LegalForce「いきなり裁判編」

30秒

15秒

CM概要

放送開始:2021年7月7日(水)より一斉放映

放送エリア:関東、関西

出演者

 弁護士役 岡田 将生(31)

1989年8月15日東京都生まれ。スターダストプロモーション所属。
2006年デビュー。近年の出演作に映画「星の子」「さんかく窓の外側は夜」「Arc アーク」、ドラマ「タリオ 復讐代行の2人」「書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜」「大豆田とわ子と三人の元夫」など。
7月11日より「COCOON PRODUCTION 2021『物語なき、この世界。』」(Bunkamuraシアターコクーン)が上演される。
公開待機作として映画「ドライブ・マイ・カー」(8月20日公開)、「CUBE」(10月22日公開)があり、12月には主演舞台「ガラスの動物園」が上演予定など、年齢性別問わず、多くの支持を得ている実力派俳優。

 

 法務担当者役 鈴木 浩介(46)

1974年11月29日生まれ。福岡県出身。劇団青年座を経て、舞台、映像と、幅広く活躍を続けている。
最近の主な出演作品は、舞台「23階の笑い」「ほんとうのハウンド警部」、ドラマ「コントが始まる」、映画「奥様は取り扱い注意」など。7月8日から放送開始のドラマ「緊急取調室」に出演。9月、10月は、舞台「友達」に出演予定。

関連記事