プレスリリース
2021.07.28
AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」
英文契約書自動レビュー導入企業150社突破
~英文契約書自動レビュー類型数も12類型へ~

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)が提供するAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」において、オプションサービスとして提供している英文契約書のレビュー機能を導入する企業が150社を突破しました。英文契約書のレビュー類型については12類型を提供しております。

 

英文契約書自動レビュー機能とは

「LegalForce」では英文契約書の自動レビューをオプション機能として提供しており、このたび導入いただいたお客さまが150社を突破しました。

 

「LegalForce」へWord、又はPDFの契約書をアップロードし、自社の立場を選択すると、立場に応じて、AIが契約書のリスクや抜け漏れを瞬時に指摘し、修正文例と解説を表示します。英文契約書における指摘は「日本語」で提示され、修正文例は「英語」及び「参考和訳」が表示されます。

 

製造業や医薬品メーカーなど海外展開をしているお客さま中心に、瞬時にレビューできること、英文での修正文例と、解説が提示されることについてご評価いただき、また費用対効果の観点からも有用性を感じていただきご導入いただいています。

 

英文契約書 自動レビュー対応類型一覧
  • 秘密保持契約書(Non-Disclosure Agreement)
  • 基本合意書(Letter of Intent, Memorandum of Understanding)
  • 業務委託契約(成果物なし)(Service Agreement)
  • 業務委託契約(成果物あり)(Service Agreement with Deliverable)
  • コンサルティング契約(Consulting Agreement)
  • 取引基本契約(売買)(Master Purchase and Sale Agreement)
  • 売買契約(Purchase of Goods Agreement)
  • 販売代理店契約(販売店型)(Distributorship Agreement)
  • ソフトウェアライセンス契約(Software License Agreement)
  • 一般条項(Boilerplate Clause)
  • 英文事業所賃貸借契約(Office Lease Agreement)
  • 英文共同研究開発契約(Joint Reserch and Development Agreement)

 

なお、「LegalForce」で自動レビューが可能な契約類型は45類型(英文契約書12類型)です。また契約書ひな形も590類型提供しており、うち英文契約書ひな形は109類型となります。今後も対応類型の充実に努めてまいります。

 

▽お問い合わせはこちらから

https://legalforce-cloud.com/

関連記事