プレスリリース
2021.08.30
【LegalForceキャビネ導入事例】熊本市東区を拠点とする 「医療法人社団鶴友会」、AI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」を導入

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、熊本市東区を拠点として、ケアミックス型病院である「鶴田病院」と介護老人保健施設の「メディエイト鶴翔苑」、そのほか訪問診療や訪問看護などの在宅系サービスを行う「鶴友会在宅総合支援センター」を運営している医療法人社団鶴友会に、弊社が提供するAI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」を導入いただきました。

△左から、医療法人社団鶴友会 法人本部本部長 鶴田敦子様、理事長 鶴田克家様、副理事長 鶴田豊様

 

 「LegalForceキャビネ」導入の背景
  • 契約書の一元管理ができていないという課題感から導入。
  • ペーパーレス化して契約書へのアクセス性を向上することで、契約書管理業務を効率化できるのではないかと考えていた。

 

「LegalForce」導入の効果
  • 契約書管理にかかる工数が今までの3分の1ほどまで削減。
  • 様々なケースでPDFデータでの受け渡しが増加しており、医療業界全体でDX化が進みはじめたと実感。

 

「医療法人社団鶴友会」法人概要
  • 法人名称:医療法人社団 鶴友会
  • 所在地 :〒862-0925 熊本県熊本市東区保田窪本町10-112
  • 理事長 :鶴田 克家
  • 院長  :鶴田 豊
  • 経営主体:医療法人社団  [平成5年(1993年)12月1日 法人化]
  • 病棟区分:全105床 一般病棟(内 地域包括ケア病床20床)・・・50床  回復期リハビリテーション病棟・・・35床 緩和ケア病棟・・・20床
  • 関連施設:介護老人保健施設メディエイト鶴翔苑 鶴友会訪問リハビリテーション 鶴友会居宅介護支援センター 鶴友会訪問看護ステーション 鶴友会訪問介護ステーション熊本市東2地域包括支援センターささえりあ保田窪
  • 会社HP: https://kakuyuukai.or.jp/tsuruta

 

▽詳細についてはこちらから

導入事例URL (https://legalforce-cloud.com/cabinet/usecase/02)

 

▽お問い合わせはこちらから

https://legalforce-cloud.com/cabinet

関連記事