プレスリリース
2021.09.22
AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」新機能「自社基準レビュー」をリリース
~「LegalForce」自社の契約書ひな形に基づいた契約書審査が可能に~

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)が提供するAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」において、自社の契約書ひな形に基づいた契約書審査が出来る「自社基準レビュー」機能をリリースしたことをお知らせします。

自社基準レビュー機能_株式会社LegalForce

自社の契約書ひな形に合わせた契約書審査が出来る「自社基準レビュー」とは

自社の契約書ひな形の基準に合わせて契約書審査ができる「LegalForce」の新機能です。「自社基準レビュー」により、一般的な契約審査基準だけでなく、自社の基準に基づいた契約審査も可能となりました。加えて、部内での契約書審査基準の統一にも役立ちます。

「自社基準レビュー」の開発背景

「LegalForce」ではこれまで一般的な契約審査基準に基づいて、リスクの洗い出しや抜け漏れの指摘を行ってきました。しかし、自社特有の審査基準を設けている企業も多くあり、そういったお客さまからは「LegalForce」で自社基準での契約書レビューも行いたいとご要望いただいていました。このたびの「自社基準レビュー」の機能リリースにより、自社特有の契約審査基準での契約書レビューを効率的に行うことが可能となり、一般的な契約審査基準だけではカバーしきれない「抜け漏れ」を防ぐことができます。さらに、担当者の審査基準均一化が図れるようになります。

関連記事