プレスリリース
2021.10.01
複数のセレクトショップを展開する「株式会社ユナイテッドアローズ」、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入
契約審査業務時間75%カットを実現、法務部のDXが加速

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は複数のセレクトショップを展開する「株式会社ユナイテッドアローズ」に、弊社が提供するAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入いただきました。

ユナイテッドアローズ株式会社_「LegalForce」導入

△株式会社ユナイテッドアローズ 総務法務部 法務チーム 畑中智仁様

 

「LegalForce」導入の背景

法務部内のDX推進に力をいれており、その一環として導入を検討。

業務効率化による残業時間の削減と、新人教育ツールとしての活用に期待をして導入。

 

「LegalForce」導入の効果

・4時間かかっていた再契約の審査が1時間に。審査業務や新人教育の負担軽減を実感。

・ヒューマンエラーが減り、担当者の視点に加えてLegalForceの視点でもチェックができることから安心感に繋がった。

 

「株式会社ユナイテッドアローズ」会社概要

・会社名 :株式会社ユナイテッドアローズ

・事業内容:紳士服・婦人服および雑貨等の企画・仕入および販売

・本社所在地:東京都渋谷区神宮前三丁目28番1号 

・創業  :1989年10月2日

・社員数 :4,214名(2021年3月31日現在)

・資本金 :30億30百万円

・代表者 :代表取締役 社長執行役員 CEO 松崎 善則

 

▽詳細についてはこちらから

株式会社ユナイテッドアローズ、「LegalForce」導入

 

▽お問い合わせはこちらから

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」サービスサイト

 

関連記事