プレスリリース
2021.10.05
建設DXを推進する「スパイダープラス株式会社」、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入
LegalForceの契約審査支援で、スタートアップ企業の技術を守る

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、ICT事業とエンジニアリング事業を通じて、建設業のDXを推進する「スパイダープラス株式会社」に、弊社が提供するAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入いただきました。

△左から、スパイダープラス株式会社 管理本部 総務部 部長 黒田直嗣様、スパイダープラス株式会社 管理本部 総務部 エキスパート 牛田昌宏様

 

「LegalForce」導入の背景

・専門性を担保しつつ、少数精鋭で業務を行うためには、ITを駆使した工数削減を実現することが必要不可欠だと感じ導入を検討

・UIの見やすさや、Wordアドイン機能などが非常に魅力的で、一週間もたたないうちに導入を決意

 

「LegalForce」導入の効果

・確認しなればならないポイントが明確となるため、スタッフのコンディションによる契約審査品質の差が生まれにくく、品質均一化に繋がっている。

・契約審査にかかる時間の削減がかなり大きく、想像以上の効果を実感している。

・スタートアップ企業の要である、自社の技術を守る重要な役割を担っている。

 

「スパイダープラス株式会社」会社概要

・会社名 :スパイダープラス株式会社

・事業内容:ICT(Information and Communication Technology )事業、エンジニアリング事業(熱絶縁工事)

・所在地 :〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目12番5号 東京信用金庫本店ビル 7階

・創業  :1997年9月

・社員数 :110名

・資本金 :資本金23億円(2021年6月末現在)

・代表者 :代表取締役 CEO 伊藤 謙自

 

▽詳細についてはこちらから

導入事例URL 

 

▽お問い合わせはこちらから

https://legalforce-cloud.com

 

関連記事