プレスリリース
2021.10.21
LegalForce、経産省が推進する「J-Startup企業」に選出

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、AI契約審査システム「LegalForceキャビネ」を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」において、J-Startup企業として選出されました。

▽詳細はこちら

「J-Startup」 新たな選定企業を発表! ~J-Startup2021について~

「J-Startup」とは

世界で戦い、勝てるスタートアップ企業を生み出し革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供する。それが経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラムです。

トップベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、大企業のイノベーション担当などが、日本のスタートアップ企業約10000社の中から一押し企業を推薦し、外部審査委員会が推薦内容を尊重しつつ企業をチェック。厳正な審査で選ばれた企業をJ-Startup企業として選定します。

民間支援機関・NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)・JETRO(独立行政法人日本貿易振興機構)・経済産業省による事務局が中心となり、「J-Startup企業」とサポーター、政府機関を結びつけ、タイムリーかつスピーディな支援を実現します。

また、JETROグローバルアクセラレーション・ハブ、Startupツアーなどを利用し、J-Startup企業の海外展開を支援しています。

 

LegalForceは引き続き、弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。

 

関連記事