プレスリリース
2021.11.25
AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」 契約ごとに担当者を設定し、担当者ごとの契約書検索が可能に
~契約情報の検索精度をアップデート~

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、「LegalForceキャビネ」にアップロードした契約書ごとに担当者を設定し、担当者に紐付いた契約書を検索できる機能をリリースしました。

これにより、契約情報の検索がよりスムーズとなりさらなる契約管理体制の構築と契約リスクの制御を実現します。

▽お問い合わせはこちら

https://legalforce-cloud.com

 

担当者設定・検索機能のリリース背景

「LegalForceキャビネ」は、契約書をアップロードするだけで契約情報を自動でデータベース化し、効率的な契約管理と契約リスク管理体制の構築を実現させる、AI契約管理システムです。契約管理体制を実現するためには、契約の締結当事者など、契約に関わる情報をデータとして保管しておくことが必要です。その情報の1つに、契約担当者情報があります。

契約担当者情報と契約書が紐付いて管理されていないと、契約の更新期限・終了日が迫った際、担当者不在のまま契約が放置されるリスクがあります。

契約書ごとの担当者設定・検索機能リリースによって、契約書と担当者情報の紐付け、担当者に紐づく契約書の検索が可能になり、「LegalForceキャビネ」で契約書の担当者を明確にできるようになりました。これにより契約情報・更新有無の確認漏れを防ぎ、契約管理体制の構築と、契約リスクの制御を可能とします。

 

本機能リリースでできること
1.  契約書ごとの担当者設定

契約書ごとに表示される「管理情報」欄に、「担当者」の項目が追加されました。これにより、契約書の担当者が一目で分かるようになります。

2.  担当者ごとの契約書検索

「担当者」が追加されたことにより、担当者に紐づく契約書を絞込で検索可能となりました。

担当者が「未設定」の契約書を探すこともできるため、担当者の設定漏れにも気づきやすくなります。

今後の担当者管理機能の開発

さらに効率的かつ、契約情報の適切な管理を可能にするため、担当者情報の一括変更機能などの機能開発を予定しています。

今後もLegalForceでは、今後も弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。

 

 

関連記事