プレスリリース
2021.12.21
AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」、契約書の担当者を一括設定が可能に 

~担当者管理工数とミスを削減し、契約管理体制を強化~

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、「LegalForceキャビネ」に格納されている契約書に対し、一括で担当者を設定・変更できる機能をリリースしました。

これにより、担当者管理にかかる時間とミスを削減し、契約管理体制の構築と契約リスクの制御を実現します。

 

担当者一括設定・変更機能のリリース背景

「LegalForceキャビネ」は、契約書をアップロードするだけで契約書情報を自動でデータベース化し、契約リスク管理体制の構築を実現させる、AI契約管理システムです。

契約管理体制を実現するためには、契約書を管理する担当者によって、適切なタイミングで、契約の更新拒絶をしたり、契約をまき直したりする必要があります。

しかし、契約書の担当者が正しく設定されていないと、契約の更拒絶期限や終了日が迫った際、担当者不在のままで、適切な対応が為されません。

また、これまでは契約書一件ずつに担当者を設定する必要があり、多くの時間を要するだけでなく設定ミスが生じる可能性がありました。

担当者一括設定・変更機能のリリースによって、複数の契約書を選択し、担当者の一括設定・変更が可能となります。その結果、契約書が担当者により適切に管理され、契約書の管理体制の構築と、契約リスクの制御を可能とします。

 

担当者一括設定・変更機能でできること

契約書一覧の上に、担当者一括設定・変更ボタンが追加されました。

選択した契約書の担当者を一括で設定・変更することができるようになります。

 

今後の機能の開発

LegalForceは引き続き、「全ての契約リスクを制御可能にする」ための機能開発を予定しています。

今後もLegalForceでは、弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。

関連記事