プレスリリース
2022.02.03
【LegalForce調査レポート】 SaaS活用者の約7割が 「SaaSの活用により、DXが進んだ」と回答 ~SaaSの活用に関する実態調査を公表~

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、自部署でSaaSを導入していると回答した1,000名を対象に、SaaSの活用に関する実態調査を実施いたしました。

▽調査レポートのダウンロードはこちら

【LegalForce調査レポート】SaaSの活用に関する実態調査

調査概要

【調査目的】SaaSの活用に関する実態調査
【調査回答者】
・会社員、会社役員のいずれかに該当する9,960名
・上記のうち、自部署でSaaSを導入していると回答した1,000名
【調査方法】インターネット調査
【調査期間】2021年12月22日~23日
【調査実施】株式会社クロス・マーケティング
【企画】株式会社LegalForce

 

調査サマリ
  • 企業規模が大きくなるにつれ、「自部署でSaaSを導入している」と回答した割合が増加
  • 本調査対象者の約4割(439名)が、3年未満以内に自部署でSaaSを最初に導入したと回答
  • SaaS導入理由について、回答者の約4割(399名)が「運用・保守体制を社内に持つ必要がないから」と回答
  • 本調査対象者の約4割(435名) が、SaaSを導入しているが活用できていないと回答
  • 「SaaSを活用できている」と回答した約7割(398名)が、SaaSによりDXが進んだと回答

 

結果一部抜粋

・企業規模が大きくなるにつれて、「自部署でSaaSを導入している」と回答した割合が増加

・小規模企業(299名以下)では、 「自部署でSaaSを導入している」と回答した割合はわずか6.0%

・本調査対象者の約4割(439名)が、3年未満以内にSaaSを最初に導入したと回答

・SaaS導入理由について、回答者の約4割(399名)が「運用・保守体制を社内に持つ必要がないから」と回答

・回答者の約4割(435名)が、SaaSを導入しているが活用できていないと回答

・「SaaSを活用できている」と回答した回答者の約7割(398名)が、SaaSによりDXが進んだと回答

 

▽調査レポートのダウンロードはこちら

【LegalForce調査レポート】SaaSの活用に関する実態調査

 

関連記事