プレスリリース
2022.02.21
スマートフォン「arrows」シリーズの開発やシニアSNS「らくらくコミュニティ」などのサービス提供を行う「FCNT株式会社」、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入
~「案件管理機能」で業務を効率化、一人で年間600件もの契約審査が可能に~

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、富士通株式会社のモバイルフォン事業を母体として創立し、スマートフォン「arrows」シリーズの開発や日本最大級のシニア向けSNS「らくらくコミュニティ」などのサービス提供を行うFCNT株式会社に、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入いただきました。

△FCNT株式会社 知財法務統括部 山西 尚輔様

「LegalForce」導入の背景

・一人法務に近い体制のため、契約審査業務の属人化とそれに伴うノウハウの継承が課題。
・新人教育のツールとしてもLegalForceを活用していきたいと考え「LegalForce」を導入。
・契約審査完了まで事業部とのメールの履歴を残しておく必要があり、手作業でメールを個別に保存しながらの案件管理は手間がかかる状態だった。

「LegalForce」導入の効果

・「案件管理機能」で案件受付やコミュニケーション履歴を自動保存。契約審査以外の業務にかかる工数や時間を大幅に削減。
・年間約600件の契約審査業務も「LegalForce」の導入で効率化を実現。
・契約審査における思考過程も引き継ぐこともできるため、契約審査の知識・ノウハウを資産化したい企業におすすめ。

FCNT株式会社 会社概要

・会社名 :FCNT株式会社
・事業内容:携帯端末、情報処理及びSNSに関する商品・サービス並びにシステムの研究、開発、設計、製造、販売、企画および保守・修理サポート
・所在地 :〒242-0007 神奈川県大和市中央林間7-10-1 三機大和ビル
・創業  :2016年2月1日
・社員数 :577名(2021年3月現在)
・資本金 :91億9650万円
・代表取締役社長 :髙田 克美

▽詳細についてはこちらから
導入事例URL

一人で年間600件もの契約審査が可能に!「案件管理機能」で、“知識・ノウハウの資産化”も実現。

▽お問い合わせはこちらから
https://legalforce-cloud.com/

関連記事