プレスリリース
2022.03.22
AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」 『類型絞り込み』機能をリリース ~契約類型での絞り込みが可能となり、契約書の検索性が向上~

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」 を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、「LegalForceキャビネ」にアップロードした契約書から、類型を指定して契約書を検索できる「類型絞り込み」機能をリリースしました。本機能により、契約書検索で類型を指定して契約書を絞り込み、目的の契約書を短時間で探しやすくなります。

契約類型の絞り込みで検索性が向上

「類型絞り込み」機能では、「LegalForceキャビネ」にアップロードした際に契約類型を設定した契約書において、類型を指定して検索できるようになります。また、契約類型は「大分類」と「小分類」*に分けて検索することが可能となるため、利用場面に応じた方法でより短時間で目的の契約書を探し出すことが可能となります。
*「業務委託契約」など大まかな契約類型を指定して探したい場合は「大分類」を、「ソフトウェア開発業務委託契約」などより詳細な契約類型で探したい場合は「小分類」を利用いただけます

「類型絞り込み」機能の開発背景

これまで、「LegalForceキャビネ」にアップロードした契約書の中から特定の契約類型の契約書を探したい場合、契約書タイトルに含まれるキーワードで検索する必要がありました。しかし、契約書タイトルを正確に記憶していないことも多く、目的の契約書を探すのに時間がかかることが課題となっていました。このような課題を解決し、契約類型による契約書管理を容易にするため、本機能の開発に至りました。本機能の開発により、契約類型の「大分類」と「小分類」で契約書を検索できるようになるため検索精度が向上し、契約書検索における業務効率化が期待できます。

LegalForceでは、今後も弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。

関連記事