プレスリリース
2022.03.24
AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」契約書の表内の文字が検索可能に ~検索性向上により、契約管理効率化を実現する~

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」 を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、「LegalForceキャビネ」にアップロードされた契約書本文中の表内の文字を検索できるよう、検索機能をアップデートいたしました。
本機能により、検索性が向上することで目的の契約書をすぐに見つけることができるようになり、企業における契約管理の効率化を実現します。

「LegalForceキャビネ」全文検索機能とは

「LegalForceキャビネ」は、PDFの契約書をアップロードするだけで、契約書の内容を文字データとして読み取り、自動で契約書のデータベースを生成するAI契約管理システムです。

紙やPDFなど様々な方法で保管されていた契約書を「LegalForceキャビネ」で一元管理することにより、キーワードを指定して検索するだけで、アップロードされた契約書の全文を対象とした検索ができるため、直感的に目的の契約書を探すことができます。

表内の情報を検索できるようになり、目的の契約書をすぐ探し出せる

契約書の表内には、契約当事者、取引目的物、金額、契約期間といった契約の重要情報が記載されることが多く、これらの情報は契約書を探す際の手がかりになります。

しかし、表に記載された情報を読み取ることは技術的に難易度が高く、検索できないため、表内の重要情報から契約書を探せないことが課題でした。本機能により、契約書本文の表内の文章が検索可能になり、表の有無にかかわらず、目的の契約書をすぐに探せるようになります。

今後もさらに契約書の検索性を向上させ、企業における契約管理の効率化を実現します。

関連記事