プレスリリース
2022.03.31
自動車部品のグローバルサプライヤー「臼井国際産業株式会社」、 AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入
〜グローバル企業の一人法務がLegalForceを使う理由~

株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役CEO:角田望、以下LegalForce)は、自動車用部品の開発・製造・販売を行い、特許申請6,000件の実績を持つグローバルサプライヤーの臼井国際産業株式会社に、AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を導入いただきました。

「LegalForce」導入の背景

・法務部がなく、総務部総務課の業務の一環で一人で法務業務を担う。
・グローバル企業のためさまざまな類型の契約審査を行うなか、不慣れな類型の契約審査は着眼点がわからず、不安を感じていた。
・リスクを指摘してくれるサービスで業務効率化を進めるため、リーガルテックという最先端の技術に魅力を感じてLegalForceを導入。

「LegalForce」導入の効果

・「自動レビュー機能」を活用し、論点を整理した上で契約審査ができるため、契約審査業務がスムーズになった。
・国際取引をする際、和文と英文で600点以上ある契約書のひな形を有効活用。「比較機能」の活用で条文の抜け落ちやリスクを洗い出すことが可能に。
・「一人法務」として他の業務と同時に契約審査を行うなか、契約審査の品質とスピードを担保できるように。

臼井国際産業株式会社 会社概要

・会社名 :臼井国際産業株式会社
・事業内容:自動車用部品の開発・製造・販売
・所在地 :〒411-8610 静岡県駿東郡清水町長沢131-2
・設立  :1941年2月11日
・社員数 :730名 / グローバル 10,500名(2020/12)
・資本金 :3億500万円
・代表取締役会長 CEO :臼井 隆晶

▽詳細についてはこちらから
「明日までに何とかして」に応えたい グローバル企業の一人法務がLegalForceを使う理由

▽お問い合わせはこちらから
https://legalforce-cloud.com/

関連記事