プレスリリース
2022.07.25
【LegalForce調査レポート】73%が「リーガルテックサービスで契約関連の課題が解決された」と回答 ~法務部の方と法務業務に携わったことのある500名に調査を実施~

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、法務部の方と法務業務に携わったことのある方500名を対象に、企業法務の実態調査を実施いたしました。

▽調査レポートのダウンロードはこちら

https://legalforce-corp.com/wp-content/uploads/2022/07/legalissues.pdf

調査概要

【調査目的】企業法務の実態調査
【調査回答者】法務部の方と法務業務に携わったことのある方500名
【調査方法】インターネット調査
【調査期間】2022年6月7日~8日
【調査実施】株式会社クロス・マーケティング
【企画】株式会社LegalForce

 

調査サマリ
  • 31.8%(159名)が法務担当者の「専任はいない(他職務と兼務)」と回答
  • 契約関連業務で一番時間がかかっている業務は「契約書の作成・審査」が64.2%で最多、次いで「契約書の管理」が7.8%
  • 契約関連業務においてリーガルテックを導入している割合は18.4%
  • リーガルテックサービスの導入で解決したかった課題は「業務効率化」が最多
  • リーガルテックサービスの導入で課題が解決されたと回答した割合は73.2%
  • 法務部門でこれから課題になりそうなことは「人材の不足」が44.5%

 

調査結果一部抜粋
  • 31.8%(159名)が法務担当者の「専任はいない(他職務と兼務)」と回答

  • 契約関連業務で一番時間がかかっている業務は「契約書の作成・審査」が64.2%で最多、次いで「契約書の管理」が7.8%

 

・契約関連業務においてリーガルテックを導入している割合は18.4%

 

・リーガルテックサービスの導入で解決したかった課題は「業務効率化」が最多

 

・リーガルテックサービスの導入で課題が解決されたと回答した割合は73.2%

 

・法務部門でこれから課題になりそうなことは「人材の不足」が44.5%

 

▽調査レポートのダウンロードはこちら

https://legalforce-corp.com/wp-content/uploads/2022/07/legalissues.pdf

関連記事