プレスリリース
2022.07.26
【LegalForceキャビネ新機能リリース】 AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」、 「関連契約書候補表示」機能をリリース ~関連する契約書を自動判定し、関連契約書候補として提示〜

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役社長:角田望、以下LegalForce)は、関連する契約書を自動で判定し関連契約書の候補として提示する「関連契約書候補表示」機能をリリースしました。これにより、関連契約書の紐づけが容易になり、複雑な契約書管理の課題を解決し、スムーズな契約管理を実現します。

複数の関連する契約書とは

企業間などで取引を行う際に、1つの案件と複数の契約を締結することがあります。例えば、既に締結した原契約の内容の一部を変更する場合に、別途「覚書」を交わしたり、継続した取引に共通して適用される条件を「基本契約」で定めた上で、個別の取引で適用される条件を別途「個別契約」で定めることがあります。取引先との契約の内容を正しく把握するために、企業はこれらの契約書を紐づけ、適切に契約書を管理することが求められますが、膨大にある契約書の中から関連する契約書を探し出すことが難しく、契約書管理が複雑化しやすいという課題がありました。

 

関連する契約書を自動で判定・表示させる「関連契約書候補表示」機能とは

弊社が提供する「LegalForceキャビネ」は、PDFの契約書をアップロードするだけで、契約書の内容を文字データとして読み取り、自動で契約書のデータベースを生成するAI契約管理システムです。今回リリースした「関連契約書候補表示」機能は、「LegalForceキャビネ」にアップロードされた契約書の中から、関連する契約書を自動で判定し、関連契約書の候補として提示する機能です。
本機能により、関連契約書の紐づけが容易になり、複雑な契約書管理の課題が解決されることで、スムーズな契約管理を実現します。

LegalForceでは、今後も弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。

 

■ AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」( URL:https://legalforce-cloud.com/cabinet

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」で培った自然言語処理技術と機械学習技術を活用することで、自動で契約データベースを作成し、締結済みの契約書の管理を自動化するシステムです。契約書をアップロードするだけで、自動で文字起こし、契約情報(「タイトル」「契約締結日」「契約当事者名」、「契約開始日、終了日」等)の抽出を行い、検索可能なデータベースに組み上げ、契約書の一元管理を実現すると同時に契約リスクを制御可能にします。

■ 契約審査プラットフォーム「LegalForce」( URL:https://legalforce-cloud.com )

「LegalForce」は契約類型別のチェックリストと契約書の照合を自然言語処理等の技術により自動的に行い、条文の抜け漏れや条項内の過不足を瞬時に提示し、抜け漏れや見落としを予防する「自動レビュー」機能をコア機能として、リサーチ機能、編集機能、構成機能、ナレッジ共有機能、案件管理機能、新旧対照表作成機能、契約書対応件数集計機能等、契約業務の品質向上と効率化を同時に実現する機能が搭載されています。

2019年4月に正式版を提供開始し、約2年を経て、2022年3月現在2,000社を超える企業・法律事務所に有償契約にてご利用をいただいております。

 

■ 株式会社LegalForceについて

株式会社LegalForceは、2017年に大手法律事務所出身の弁護士2名によって創業されました。弁護士の法務知見と自然言語処理技術や機械学習などのテクノロジーを組み合わせ、企業法務の質の向上、効率化を実現するソフトウェアの開発・提供をしています。京都大学との共同研究をはじめ、学術領域へも貢献しています。2019年4月より契約審査プラットフォーム「LegalForce」、2021年1月よりAI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供しています。

 

【株式会社LegalForce】 (URL:https://legalforce-cloud.com)

会社名 株式会社LegalForce
所在地 〒135-0061 東京都江東区豊洲三丁目2番20号 豊洲フロント6階
代表者 代表取締役 社長執行役員 角田 望
事業内容 契約業務に関するソフトウェアの研究・開発・運営・保守
資本金等 41.9億円(資本準備金等含)※2021年2月時点
関連記事