プレスリリース
2022.09.13
AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」、「類型振り分け」機能をリリース~契約類型の自動振り分けで、契約管理における業務を効率化~

AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」 を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都江東区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、ユーザーが「LegalForceキャビネ」にアップロードした契約書の類型の選択を支援する、「類型振り分け」機能をリリースしました。本機能により、ユーザーによる契約類型の確認作業や手動による契約類型の登録作業をサポートし、契約管理における業務の効率化を実現します

契約類型を自動で振り分け

「類型振り分け」機能では、「LegalForceキャビネ」に契約書をアップロードするとAIが自動で契約類型の候補を表示することで、ユーザーによる契約類型の確認・判断を支援します。自動で振り分けられた契約類型の情報が適切でなかった場合には、手動で契約類型の情報を変更することも可能です。

 

「類型振り分け」機能開発の背景

これまでは、契約類型の情報を契約書ごとに手動で登録する必要があり、契約の類型管理に手間がかかっていました。また、特定の契約類型の契約書を探したい場合、契約書タイトルに含まれるキーワードで検索する必要がありましたが、契約書タイトルを正確に記憶していないことも多く、目的の契約書を探すのに時間がかかることも課題となっていました。このような課題を解決し契約類型による契約書管理を容易にするため、本機能の開発に至りました。

 

本機能の開発により、ユーザーによる契約類型の確認・登録作業の削減が期待でき、且つ、契約類型の情報で契約書を検索できるようになるため、契約管理における業務の効率化が期待できます。

LegalForceでは、今後も弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。

関連記事