プレスリリース
2020.12.02
LegalForce、AI研究部門としてLegalForce Researchを新設

元Google Brain 小田悠介氏がチーフリサーチャーに就任

 

株式会社LegalForce(本社:東京都千代田区 代表取締役 角田望; 以下LegalForce)は、AI研究部門として「LegalForce Research」を新設し、元Google Brain 小田悠介氏がチーフリサーチャーに就任いたしましたことをお知らせいたします。

 

「LegalForce Research」とは

契約書を始めとする文書情報の解析には、自然言語処理や機械学習等といった、AIに関する先端技術が必要となります。「LegalForce Research」では、これらの分野を中心とした先端技術の調査及び研究を実施し、製品開発に活用することを目的に設立されました。

 

 

 

これまでは研究開発部門がAI開発を担ってきましたが、今後は研究開発部門内部に新設された「LegalForce Research」において、これまで以上に先端技術に特化したエキスパートを結集し、法律分野におけるAI活用を切り拓いていく予定です。

また、技術顧問・共同研究者である京都大学 森教授と末永教授との共同研究を始めとした産学連携や関連学会への協賛等も強化してまいります。

 

■ 小田 悠介氏経歴

2015年3月 奈良先端科学技術大学院大学修了(修士)

2015年4月 日本学術振興会特別研究員(DC1)

2017年4月 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 研究員

2018年4月 Google ソフトウェアエンジニア(Google翻訳、及びGoogle Brain TeamにおけるAI関連技術の研究開発)

2020年12月 LegalForce Research チーフリサーチャー就任。

 

■ 採用について

LegalForceでは「LegalForce Research」に参画いただける方を積極的に採用しています。

ぜひ、ご興味ある方はご応募ください。

新設のLegalForce ResearchでNLPエンジニアを募集中!!

 

LegalForceでは、今後も弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。

関連記事